音程
音程・度数・オクターブ
音程とは?
2つの音の高さの関係。または2つの音の間隔のことを「音程」といいます。
音程は、「度数」と音程の性質(長、短、完全、増、減)で表します。

旋律的音程和声的音程

度数の数え方
音程は「」で表わし、五線を順に数えます。

弾いてみると同じ音でも、度数が同じとは限りません!
以下の図の①と②は弾いてみると同じ音ですが、
度数で表わすと ①が「3度」、②が「4度」になります。

①「ド」「レ」「ミ#」=3、  ②「ド」「レ」「ミ」「ファ」=4

音程の性質
度数だけでは本当の間隔を表わしたことにはなりません。

以下は両方とも3度ですが、間隔が違います
(左が「ド」「レ」「ミ」=3度、右が「ド」「レ」「ミ♭」=3度)


音を鳴らしてみるとわかりますが、間隔が違うと響きが違います

この違いを区別するために「度」の前に、
音程の性質を表す「長」「短」「完全」「増」「減」を付けます。

「長」「完全」は、幹音の音程を見てみるとわかりやすいです。
「C」から上のその他の幹音(白鍵)までの音程は、「長」と「完全」で成り立っています。


「長」と「完全」を基準に考えると、・・・
「短」は「長」より半音狭い間隔です。

「増」は「長」または「完全」より半音広い間隔、
「減」は「短」または「完全」より半音狭い間隔です。

また、「長」「短」で表す音程と、「完全」で表す音程は、以下のように分かれます。
「長」「短」で表す音程2度、3度、6度、7度
「完全」で表す音程 1度、4度、5度、8度

よって、以下の音程は、左が「長3度」、右が「短3度」になります。


半音と全音の音程
半音は「短2度」、全音は「長2度」になります。

>「半音」「全音」についてはコチラ
幹音の音程・オクターブ
前述のとおり、「C」から上のその他の幹音(白鍵)までの音程は、「長」と「完全」のみです。

※ 同じ音から同じ音までの音程は「完全8度」で、「オクターブ」といいます。
  オクターブ の記号が五線の上に表記されてる場合はオクターブ上の音、
  下に表記されてるときはオクターブ下の音を意味します。

  >「オクターブ記号」についてはコチラ

オクターブを超える音程
オクターブを超える音程は、度数は1つ目の音から2つ目の音までの度数、
性質は以下のように1つ目の音のオクターブ上の音から2つ目の音までの音程で判断します。




基礎知識
幹音と派生音
音名
和音・コード
和音(コード)・コードネーム
メジャー・コード(Major)
マイナー・コード(Minor)
オーグメント・コード(Augment)
シックス・コード(6th)
セブンス・コード(7th)
メジャーセブンス・コード(Major7th)
フラットファイブ・コード(Flat5)
サスフォー(Suspended 4th)
ディミニッシュ(Diminish)
ハーフディミニッシュ(Harf Diminish)
3和音(トライアド)
転回形(Inversion)
分数コード
ダイアトニック・スケール
ディグリー
主要3和音(スリーコード)