調(キー)
調(キー)・調号
調(キー)とは?
「調(キー=key)」とは、基準になる音を第1音(主音)とする音階でできた曲のこと。

「ハ(C)」が主音の長音階でできた曲を「ハ長調(C major key)」といいます。
一般には音階と同じ意味に使っています。


調号とは?
「調号」とは、変化記号のセットのこと。

ハ長調、イ短調の場合は白鍵のみで変化記号は関係ありませんが、
その他の調(または音階)では変化記号が必要です。

長音階では、「ハ」の音から「全」「全」「半」「全」「全」「全」「半」の間隔で音を並べると
白鍵の音だけでできた音階(=ハ長調)になりますが、
他の音から「全」「全」「半」「全」「全」「全」「半」の間隔で並べると黒鍵の音が出てきます。

また、短音階では、「イ」の音から「全」「半」「全」「全」「半」「全」「全」の間隔で並べると
白鍵の音だけでできた音階(=イ短調)になりますが、
他の音から「全」「全」「半」「全」「全」「全」「半」の間隔で並べると黒鍵の音が出てきます。

この黒鍵の音を変化記号で表し、「調号」といいます。
「調号」は、楽譜上で音部記号と拍子記号の間に表記します。

ト長調の調号は「ファ#」です。

調号の変化記号「#」「♭」は五線の決まった位置に表記し、高さが違っても同名の音には
曲の最後まで有効です。

※「臨時記号」は次の小節線までが有効です。

>「臨時記号」についてはコチラ

つまりト長調の場合、すべての「ファ」が臨時記号が書かれていない限り「ファ#」になります。


調号は、調号の付く順番が決まっています。
「#」の付く順番は「ファドソレラミシ」、
「♭」の付く順番は、「#」の順番の逆で「シミラレソドファ」

「#」が1つなら「ファ」、
「#」が2つなら「ファ」「ド」、
「#」が3つなら「ファ」「ド」「ソ」、・・・

「♭」が1つなら「シ」、
「♭」が2つなら「シ」「ミ」、
「♭」が3つなら「シ」「ミ」「ラ」、・・・


調号一覧
ハ長調
C major
イ短調
A minor
ト長調
G major
ホ短調
E minor
ニ長調
D major
ロ短調
B minor
イ長調
A major
嬰へ短調
F# minor
ホ長調
E major
嬰ハ短調
C# minor
ロ長調
B major
嬰ト短調
G# minor
嬰へ長調
F# major
嬰ニ短調
D# minor
嬰ハ長調
C# major
嬰イ短調
A# minor
ヘ長調
F major
ニ短調
D minor
変ロ長調
B♭ major
ト短調
G minor
変ホ長調
E♭major
ハ短調
C minor
変イ長調
A♭major
へ短調
F minor
変ニ長調
D♭major
変ロ短調
B♭minor
変ト長調
G♭major
変ホ短調
E♭minor
変ハ長調
C♭major
変イ短調
A♭minor


調(key)は、調号からわかる
調号の一番右の変化記号が、
「#」の場合、階名の「シ」の音に、
「♭」の場合、階名の「ファ」の音に付いています。

>「階名」についてはコチラ



長調(major key)の場合、「」にあたる音が「主音」なので、
「ト」が主音なら「ト長調」、「ホ」が主音なら「ホ長調」、
「へ」が主音なら「へ長調」、「ホ♭」が主音なら「変ホ長調」になります。

短調(minor key)の場合、「」にあたる音が「主音」なので、
「ホ」が主音なら「ホ短調」、「嬰ハ」が主音なら「嬰ハ短調」、
「ニ」が主音なら「二短調」、「ハ」が主音なら「ハ短調」になります。


長調がわかると短調がわかる
短調がわかると長調がわかる
同じ調号で、「長調」と「短調」が1つずつ存在します。

長調の主音の短3度下の音が、同じ調号の短調の主音になります。

また、短調の主音の短3度上の音が、同じ調号の長調の主音になります。





基礎知識
幹音と派生音
音名
和音・コード
和音(コード)・コードネーム
メジャー・コード(Major)
マイナー・コード(Minor)
オーグメント・コード(Augment)
シックス・コード(6th)
セブンス・コード(7th)
メジャーセブンス・コード(Major7th)
フラットファイブ・コード(Flat5)
サスフォー(Suspended 4th)
ディミニッシュ(Diminish)
ハーフディミニッシュ(Harf Diminish)
3和音(トライアド)
転回形(Inversion)
分数コード
ダイアトニック・スケール
ディグリー
主要3和音(スリーコード)