コード進行
代理コード
代理コードとは?
「代理コード」とは、そのコードの代わりの役割をするコードのこと。


「C」と「Em」には両方ともコードの構成音に「ミ」と「ソ」が含まれます。
「Dm」と「F」には両方ともコードの構成音に「ファ」と「ラ」が含まれます。
コード構成音が似ているコード同士は互いに入れ替えて使うことができます。


スリーコードの代理コード
コード代理コード
「Ⅲ」「Ⅵ」「C」→「Em」「Am」
「Ⅱ」「Ⅵ」「F」→「Dm」「Am」
「Ⅲ」「Ⅶ」「G」→「Em」「Bm-5」

>「スリーコード」についてはコチラ

スリーコード以外の代理コード
コード代理コード
「Ⅳ」「Ⅶ」「Dm」→「F」「Bm-5」
「Ⅰ」「Ⅴ」 「Em」→「C」「G」
「Ⅰ」「Ⅳ」「Am」→「C」「F」
「Ⅱ」「Ⅴ」「Bm-5」→「Dm」「G」




基礎知識
幹音と派生音
音名
和音・コード
和音(コード)・コードネーム
メジャー・コード(Major)
マイナー・コード(Minor)
オーグメント・コード(Augment)
シックス・コード(6th)
セブンス・コード(7th)
メジャーセブンス・コード(Major7th)
フラットファイブ・コード(Flat5)
サスフォー(Suspended 4th)
ディミニッシュ(Diminish)
ハーフディミニッシュ(Harf Diminish)
3和音(トライアド)
転回形(Inversion)
分数コード
ダイアトニック・スケール
ディグリー
主要3和音(スリーコード)